03-6276-2920

ご相談・お問い合わせ

NEWS&TOPICS

2016年12月26日
年末年始の営業
2016年8月8日
夏季休業のお知らせ
2016年4月30日
GWの営業について
2016年4月1日
第12回  【株式会社 株式】編 ~株主の権利 「株式」~
2016年3月25日
第11回  【会社設立の登記】編 ~未成年者の会社設立 2~
2016年3月7日
第10回  【会社設立の登記】編 ~未成年者の会社設立 1~
2016年2月2日
相続放棄のサイトをリニューアルしました
2016年1月11日
第9回【会社設立の登記】編   ~会社の「本店」について~
2015年10月19日
第8回  【会社設立の登記】編 ~会社の商号について~
2015年10月8日
資格証明書の取り扱いについて
2015年9月1日
第7回 【会社設立の登記】編 ~ 定款に、『会社の目的』を定める理由  ~
2015年8月5日
8月のお休み
2015年7月28日
第6回 会社設立の登記】編 ~法人構成員の責任限度の範囲  有限責任と無限責任~
2015年5月4日
第5回  【会社設立の登記】編 ~一般社団法人・一般財団法人の設立~
2015年4月21日
ゴールデンウイークも相談受け付けております
2015年3月20日
第4回 【会社設立の登記】編 ~法人設立の2つの考え方 設立準則主義と設立許可主義~
2015年3月2日
 第3回【会社設立の登記】編 ~会社は、ひとりで、自由に、いつでも、すぐに作れます!~
2015年2月6日
【会社設立の登記】編  第2回『法律』がなければ、会社(法人)は、存在しない
2015年1月30日
相続放棄のサイトを更新しました
2015年1月28日
登記識別情報通知書の様式の変更等について

第11回  【会社設立の登記】編 ~未成年者の会社設立 2~

 | 投稿日 : 2016年03月25日

前回の記事は、未成年者であっても、大人と同じように、会社を設立してビジネスをすることができるというお話でした。しかし、同じ未成年者であっても、若年(おおよそ15歳未満)の未成年者については、法定代理人の同意を得ても、単独で会社設立行為をすることが事実上、制限されております。なぜ未成年者の年齢によって、異なった取扱いがなされているのでしょうか。その主な理由は、次のように考えられております。

 ①市区町村に印鑑登録をすることができない(形式的・手続上における理由)

15歳未満の未成年者は、市区町村に自分の印鑑を登録することができません。そのため、あらゆる会社設立の手続き上、必要とされる印鑑証明書を、用意することができません。

公証役場で定款認証を受ける際に、発起人として、定款に押印した印鑑の印鑑証明書の提出を求められます。また、法務局に会社設立の登記をする際にも、登記申請の添付書類として、印鑑証明書が必要となります(※役員に就任する場合)。つまり15歳未満の未成年者は、印鑑証明書自体を入手することができないので、原則このような手続きを行うことができないのです(※公証役場によっては、法定代理人の印鑑証明書を添付する特別な方法を採ることで、印鑑証明書を提出することができない未成年者の定款認証手続きを行うことができる場合があります。取扱いは、公証役場ごとに違うので、確認する必要があります)。

これは、手続き上必要とされている「印鑑証明書」を用意することができないという形式的な理由に過ぎませんが、印鑑登録をすることができない者は、印鑑証明書を不要とするような特例は、基本的にありませんので、15歳未満の未成年者は、事実上、単独で会社設立手続きをすることが制限されているものと言えます。

②若年の未成年者は、意思能力が備わっていない可能性があるため(実質的な理由)

若年の未成年者が単独で行う法律行為については、慎重な判断及び検討が必要とされております。

若年の未成年者は、自分が行っている行為が、どのような意味を持ち、その行為によってどのような効果が発生するのか、理解できる能力(※「意思能力」と呼びます)が、欠如あるいは大人に比べて低いことが一般的です。意思能力がない者が、行った法律行為は、当然に効力を生じないとされています(民法など法律に明文の規定はありませんが、当然のこととされています)。自分の行った行為の結果を判断する能力がない者に、その行為によって発生した責任を負わせるのは、酷だろうという考えが基になっているからです。

通説では、意思能力があるとされる年齢は、おおむね10歳くらいからとされています。

しかし、本当に意思能力が備わっているかどうかは、行う行為の内容によってもかなり変わってくると思われます。

例えば、10歳の子供が、親戚におもちゃを買ってもらう場合(※贈与契約)、自分が

そのおもちゃをもらえるのだという意味は、理解できるものと思われます。しかし、不動産の売買契約書に、買主として印鑑を押したら、お金を払わなければならないということを、10歳の子供がしっかり理解できているかどうかは、疑わしいものと思われます。

会社設立行為も法律行為に当てはまるので、若年の未成年者が、会社を設立するということについて、ちゃんとその意味を理解して行っているのかどうか、その判断は非常に難しいものと言えます。会社設立行為には、会社にお金を出資をしたり、自分が役員に就任して会社の経営を行うなど、重要な取引行為も含まれております。仮に、意思能力が欠けていると判断されれば、未成年者が行うこのような行為は、無効となってしまう危険があります。

ウェブ業界などでは、若い未成年者でも、大人顔負けのビジネスを展開している時代であることから、一律に年齢だけで判断することは、どうかという議論もなされてはいるようです。しかし、大人より判断能力が劣ることが一般的である未成年者保護の観点からも、15歳未満のような若い未成年者が、単独で会社設立行為をすることは、慎重に検討を要する問題であると思われます。

 

 

≪参考資料・文献≫

①「民法Ⅰ 第4版 総則・物権総論」 内田貴 著 東京大学出版会 2008

②「新基本法コンメンタール会社法1」 奥島孝康・落合誠一・浜田道代 編 日本評論社2010

③「論点解説 新・会社法―千問の道標」 相澤哲郡谷大輔葉玉匡美 著 商事法務  2006

 

(続)


小山毅司法書士事務所 事務所紹介 : 司法書士のご紹介 | 事務所のご案内
取扱い業務 : 不動産登記手続き | 商業登記手続き | 相続手続き | 成年後見業務、遺言書作成 | 家賃滞納問題対応 | 一般社団法人設立登記手続き | 任意売却
費用: 報酬表(登記) | 報酬表(その他裁判関係業務) | 登記費用相場について
お客様の声・よくあるご質問 : お客様の声 | よくあるご質問
ご相談・お問い合わせ : お問い合わせ窓口